Rakuten infoseek

辞書

いけ【イケ】

デジタル大辞泉

いけ
[接頭]多く、好ましくない意味の語に付いて、いっそう卑しめ、さげすむ意を表す。いき。「いけどし」「いけ好かない」「いけしゃあしゃあ」
[補説]近世江戸語に多くみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いけ
( 接頭 )
卑しめののしる意を表す形容詞・形容動詞などに付いて、さらにその程度を強める意を表す。 「 -ずうずうしい」 「 -好かない」 「 -ぞんざい」 「 -しゃあしゃあ」 〔近世以降の語。近世前期の上方語では、名詞に付いて用いられた。「-腰抜け」「-年寄り」など〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけ
〘接頭〙 近世語。多く好ましくない意味を含む名詞形容詞形容動詞などの上に付いて、卑しめ、非難する気持を表わす。
(イ) 名詞、形容動詞の上に付く場合。「いけ癖」「いけぞんざい」「いけ年」「いけ不器用」「いけ面倒」など。
(ロ) 形容詞の上に付く場合。「いけあたじけない」「いけあつかましい」「いけしつこい」「いけずうずうしい」など。
(ハ) 副詞、形容詞句、動詞、動詞句などの上に付く場合。「いけしゃあしゃあ」「いけずうずうと」など。
※雑俳・川柳評万句合‐安永五(1776)智一「いけよくのふかいあまだとあばたいい」
※滑稽本・八笑人(1820‐49)四「いけ利(きい)た風に、耳学問のこうぜへた口をたたきたがるから」
[語誌]近世前期の上方には、用例は少なく、ほとんどが「いけ年寄」のように名詞に冠して用いられている。その後、用法を広げ、近世後期の江戸語では、形容動詞、形容詞、動詞などの上に付けて用いられるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いけ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いけの関連情報

他サービスで検索

「いけ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.