Rakuten infoseek

辞書

いけず【イケズ】

デジタル大辞泉

いけ‐ず
[名・形動]
(関西地方で)意地が悪いこと。また、そういう人や、そのさま。「いけずなことばかり言う」
《近世上方語》悪人。ならず者。
「今も今とて―たちがわっぱさっぱ」〈浄・浪花鑑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いけず
( 名 ・形動 )
〔「行けず」の意から。関西地方でいう〕
意地の悪いさま。にくたらしいさま。また、その人。 「 -な男」
悪人。ならず者。 「今も今とて-達がわつぱさつぱ/浄瑠璃・夏祭」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけ‐ず
〘名〙 (形動)
① 意地の悪いこと。心がねじけていること。また、その人やそのさま。いかず。
※咄本・軽口ひやう金房(1688‐1704)三「楊貴妃と云美人は、柚の香ひすると云事をきいて、去いけずのむすめ、常にふところに柚を入けり」
② たちのよくないこと。また、その人やそのさま。悪人。
浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)六「今も今迚(とて)いけず達がわっぱさっぱ」
③ 不良じみたこと。また、そのさま。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉八「あの人酔ははったら、何時もあのやうにいけずしやはりまんのか」
④ 贋金(にせがね)など通用しない貨幣。〔両京俚言考(1868‐70頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いけず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いけずの関連情報

他サービスで検索

「いけず」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.