Rakuten infoseek

辞書

いき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

いき
日本文学の美的理念の一つ。ことに江戸時代にいたって意識されはじめた美意識。本来,遊里に発したもので,遊びの道において用いられ,さらに一般化された語。内面的には心意気の潔さをいい,転じて身なりなど外見がさっぱりと洗練されていることもいう。遊里での遊び方が,遊びにおぼれず,あか抜けしており,その遊びの風俗が流行の先端をいき,洗練されていること。九鬼周造は『「いき」の構造』 (1930) において,「いき」の内包する特徴として「媚態」「意気地」「あきらめ」をあげている。「 (すい) 」と共通する部分が多く,ときには同一視されることもあるが,「粋」は「いき」より精神的な意味を強くもち,「いき」より消極的である。浮世草子に現れるが,遊里の遊びを主題とした洒落本において最も深く追求されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いき
(すい)”や“”と同じく,江戸時代における一種の美的生活理念。ただし“粋”“通”が地域的・時代的限定を伴うのに対して,“いき”は江戸時代を通じて用いられ,現代にも通用している。本来は〈意気〉の漢字があてられるが,後には〈粋〉とも書かれて,より美的な理念となった。〈意気〉は〈意気地〉でもあり,人間が事に処してきっぱりとした決断を示す精神作用を称美したものであるが,江戸初期から遊里などで男女の精神的清潔さを称美する言葉として用いられ始め,以後“粋”や“通”といった理念の中の精神面を形成する重要な要素として存在し続け,江戸後期にいたって,いやみがなく,あだっぽい色気というような意味で用いられて流行語となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

いき
いき
おもに近世後期に流行した美意識。「意気」からきた語と考えられるが、近世に町人の遊びの世界での美意識として用いられるようになる。近世初期に、心持ちのさっぱりしているのを「いきよし」と表現しているが、近世前期の上方(かみがた)を中心とする遊びの世界では「すい」がおもな美意識であった。江戸に文化の中心が移る近世後期に、「すい」にかわって「通(つう)」「いき」が育つ。「通」が男性の遊びの美意識であるのに対して、「いき」は「いきな人」「いきななり」「いきなはからい」など、洗練された美を表す語として広く用いられる。文学の面でいえば、「通」の文学である洒落本(しゃれぼん)よりも、その後発生した女性向きの人情本に多く用いられているので、女性中心の美意識であるという見方もある。「いき」の徴表としては、九鬼(くき)周造のいう「媚態(びたい)・意気地(いきじ)・諦(あきら)め」をあげることができ、崩れそうで崩れない微妙な緊張感が「いき」を形成するものである。[武藤元昭]
『九鬼周造著『「いき」の構造』(岩波文庫) ▽西山松之助著『江戸選書 1 江戸ッ子』(1980・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.