Rakuten infoseek

辞書

いかだ

精選版 日本国語大辞典

いかだ【筏・桴・
〘名〙
① 横に並べた木材や竹を蔓(つる)や縄でつなぎ合わせて、水に浮かべ流すもの。奥山からの木材の運送の手段とし、また、舟の代用ともする。
※書紀(720)白雉四年七月(北野本訓)「門部金(かどべのこがね)竹を採りて筏(イカダ)に為(つく)りて」
② 近世の武具の小具足(こぐそく)の鎖に付随する、長方形の反りのある金物。いかだがね。
紋所の名。にかたどったもの。花筏(はないかだ)など。
④ (串にさした形が筏に似ているところから) 小鰻(こうなぎ)のかばやき。
[語誌](1)挙例の「書紀‐白雉四年七月」の記述、および「十巻本和名抄‐三」に「桴・筏 編竹木大曰筏、小曰桴〈以賀多〉」とあるところから、主に竹あるいは木で作り、その大小によってそれぞれ「筏」「桴」字を当てたことがうかがわれる。
(2)「常陸風土記‐行方」の「厳しく海渚に餝ひ、舟を連ね、を編み」の例は、多くの舟を横につなぎ並べて船橋としたものであろう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いかだ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いかだの関連情報

他サービスで検索

「いかだ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.