Rakuten infoseek

辞書

あな【アナ】

デジタル大辞泉

あな
[感]喜び、悲しみ、うれしさ、怒りなどを強く感じて発する語。ああ。あら。「あなふしぎ」
「―おそろしとおどろきて」〈・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

あな
谷川俊太郎、和田誠による絵本作品。1983年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あな
( 感 )
強い感動を表す語。多く、形容詞の語幹を伴って用いる。ああ。 「 -うれし」 「 -醜みにく/万葉集 344

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あな
〘名〙 (「あら(新)」の変化した語) 人形浄瑠璃社会の隠語で、新しいこと。「このムキ(衣装)はアナや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あな
〘感動〙 何ごとかに感動したり驚いたりしたときに発する言葉。ああ。あれ。
※古事記(712)上「阿那(アナ)邇夜志愛袁登古袁(にやしえをとこを)
源氏(1001‐14頃)須磨「あな、かたはや。〈略〉まさに、かく怪しき山賤(やまがつ)を、心とどめ給ひてんや」
※読本・雨月物語(1776)吉備津の釜「あな哀れ。わかき御許(おもと)のかく気疎(けうと)きあら野にさまよひ給ふよ」
[語誌]中古には「あなおぼえず」〔宇津保‐蔵開中〕、「あな痴(し)れや」〔宇津保‐国譲下〕、「あなはらはら」〔源氏‐空蝉〕、「あなむもれや」〔源氏‐横笛〕などの特異な呼応例もあるが、一般には状態性を含む体言・準体言、形容詞・形容動詞の語幹と呼応する。この呼応形式は中世以後に擬古文化し、代わって感動詞としては「あら」が進出する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あなの関連情報

他サービスで検索

「あな」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.