Rakuten infoseek

辞書

あたい

精選版 日本国語大辞典

あたい
〘代名〙 (「わたし()」の変化した語) 自称。多くは東京下町または花柳界の婦女子が用いる。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「然してくれれば私(アタイ)の方は可いけれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あたい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あたいの関連情報

他サービスで検索

「あたい」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.