Rakuten infoseek

辞書

あおもり短角牛【あおもりたんかくぎゅう】

事典 日本の地域ブランド・名産品

あおもり短角牛[畜産]
あおもりたんかくぎゅう
東北地方、青森県の地域ブランド。
北東北地方の山地で古くから飼育されていた在来種の南部牛に、ショートホーンを交配して改良された日本短角種和牛。青森では古くから飼育され、濃赤褐色の毛色から赤ベコと呼ばれる。子牛は、春から初秋の間、母牛とともに八甲田山麓の牧場で放牧され、大自然のなかで牧草を食べ十分に運動をして健康に育つ。晩秋から翌春にかけては、快適な牛舎のなかに移って、堆肥をふんだんに使った自家栽培の牧草や稲わら、飼料用トウモロコシなどを食べて成長。一般の和牛に比べてグルタミン酸とアラニン酸が豊富。脂肪分の少ない赤身肉で、肉自体に旨味がある。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおもり短角牛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あおもり短角牛の関連情報

他サービスで検索

「あおもり短角牛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.