Rakuten infoseek

辞書

あいの風【アイノカゼ】

デジタル大辞泉

あい‐の‐かぜ【あいの風】
日本海沿岸で、沖から吹く夏のそよ風。あいあゆ。あえのかぜ 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

あいの風
春から夏にかけて吹く、北東から南東までの風。地域によって風向が異なる。福井から新潟までは東の風。あゆの風ともいう。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

あいのかぜ【あいの風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいのかぜ【あいの風】
春から夏にかけて、日本海沿岸で吹く、北ないし北東の穏やかな風。あい。あゆのかぜ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

あいの風
あいのかぜ
夏、主として日本海の沿岸部で吹く、穏やかな海風の局地名。俳諧(はいかい)『道の枝折(しおり)』のなかに「あひの風、うら風也(なり)、朝はふかで昼より吹也、南国にしらぬ風也。」とある。沖から吹き寄せる風であるから、風向きは場所により北東から北西までさまざまである。沖から魚貝や海藻などの珍味を吹き寄せるので、宴に通じる「あえ」を語源とする説もある。[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐の‐かぜ【あいの風】
〘名〙
① 東風のこと。おもに、越(こし)地方(現在の福井県から新潟県に至る)で言った。あゆのかぜ。《季・夏》
※催馬楽(7C後‐8C)道の口「道の口 武生(たけふ)の国府(こふ)に 我はありと 親に申したべ 心安比乃加世(アヒノカゼ)や さきむだちや」
② 東西と南北の二つの基本方位の間から吹いてくる風。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 北西風。
和訓栞(1777‐1862)「あゆのかぜ〈略〉今越前にて戊亥の風をあひの風といふとそ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あいの風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

あいの風の関連情報

他サービスで検索

「あいの風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.