Rakuten infoseek

辞書

α線【アルファせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

α線
アルファせん
α-ray
放射性核種が自然崩壊するとき放出される放射線の1種で,運動エネルギーが数百万 eV のヘリウム4の原子核の集りである。普通の放射性核種から放出される放射線にはほかにβ線γ線とがあるが,α線はそれらのなかで最も電離作用が強く,物質を通過するとき,その道筋に沿って多数のイオンを生じさせる。写真乾板を感光させ,原子核乾板中に飛跡をつくり,硫化亜鉛のようなケイ光物質に当ってケイ光を発する。透過力は弱く,1気圧の空気中では数 cm であり,また 0.1 mm のプラスチック紙片によって止ってしまう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルファ‐せん【α線/アルファ線】
放射線の一。放射性元素α崩壊で放出されるα粒子の流れ。人工的には、サイクロトロンなどを用いてヘリウムイオンを加速して発生させる。β(ベータ)線・γ(ガンマ)線より電離作用が強く、透過力は小さい。数センチメートルの空気の層や紙一枚で容易に遮蔽することができるが、α線を放出する放射性物質を体内に取り込んだ場合、内部被曝により人体に悪影響をもたらす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルファせん【α線 α‐rays】
原子核がα崩壊をするときに放出される放射線。ヘリウム4(4He)の原子核(α粒子α‐particle。陽子2個と中性子2個が結合したもの)の粒子線である。そのエネルギーはほぼ一様に数MeVの単色スペクトルを示すが,いくつかの微細構造をもっていることもある。物質中では電離作用が大きいため,β線,γ線より透過力は小さい。エネルギーと物質によって決まる一定の透過距離(飛程)がある。放射線【山崎 敏光】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルファせん【α線】
放射線の一。原子核の α 崩壊によって放出される α 粒子の流れ。イオン化作用は β 線ベータせんより強く、透過力は β 線より弱い。 π 中間子や超ウラン元素の生成などに用いられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

α線

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

α線
あるふぁせん
放射線の一種で、高い運動エネルギーをもつヘリウム4の原子核の流れ。不安定原子核のα崩壊に伴い放出されるα粒子で、陽子2個と中性子2個で構成される。陽子2個によりプラス帯電しており、電離作用が強い。透過力は弱く、薄い紙でも遮ることができ、皮膚にα線が当たっても、内部にはほとんど影響しない。しかし、α線を放射する放射性物質を体内に取り込むと、周囲の細胞を傷つけるおそれ(内部被曝(ひばく))がある。ラザフォードのα粒子の散乱実験に使われた。[山本将史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

α線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

α線の関連情報

他サービスで検索

「α線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.